長谷川機工金物

0442113355

法人のお客様

ガラスフィルム 施工 | ライフガードジャパン

LGおすすめポイント(夏編)紫外線

ホーム > LGおすすめポイント(夏編)紫外線

光熱費削減(CO2削減)・・夏編

窓は空気や熱の出入り口となり、熱気や冷気の伝わり方に大きくかかわっています。
それだけに温熱環境におけるガラスの存在はとても重要です。

一般に夏場の冷房時に室内に侵入してくる熱の71%は、窓などの開口部からのものであるといわれています。

つまり・・・
冷房効果を高めるには、窓ガラスからの熱侵入を出来る限り減らす事が大切です。

そこで・・・
いまある窓ガラスにLGフィルムを貼って頂くことによって

電力の消費を軽減は省エネ対策

ライフガードLGE240・LGE50は省エネ効果抜群

エアコンで室温を5〜8℃下げるには、多大な電力を必要とします。
ライフガードLGE240・LGE50を貼ることで室温を約5〜8℃も下げることができるため冷房光熱費の削減になるのです。

◎平均して、エアコンの温度を1℃上げると10%近い冷房光熱費の節約になると
いわれています。<(財)省エネルギーセンターの試算による>

省エネ家電を使用しても建物全体として省エネルギー効率が改善されません・・・
少量の熱流出入から過激な熱流出入までの範囲を相応しいフィルムの種類にて使い分け一年を通して日射熱流入をコントロールすることにより大きな負担がかかる空調設備のコストを削減することが可能となります。

ライフガードフィルムの断熱強化は建物の省エネ対策の中で最も重要な対策といえます。

紫外線

子供ほど紫外線の影響をたくさん受けている

世界保健機構(WHO)は、おこさまの紫外線対策の必要性を訴え続けています。
おこさまに紫外線対策が重要な理由として5点を挙げています。

  1. 子供時代は細胞分裂も激しく、成長が盛んな時期であり大人よりも環境に対して敏感である。
  2. 子供時代(18歳未満)の日焼けは後年の皮膚ガンや眼のダメージ(特に白内障)発症のリスクを高める。
  3. 生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びる。
  4. 紫外線被ばくは、免疫系の機能低下を引き起こす。
  5. 子供たちは室外で過ごす時間が多いため、太陽光を浴びる機会が多い。

小児期から無駄な日焼けを避けることが若々しく健康な皮膚を維持する秘訣です。
赤ちゃんのときより紫外線から皮膚を守ってあげれば、表皮の角化細胞や色素細胞ではDNAの傷もつきにくいし、太陽紫外線で傷ついた遺伝子が間違って修復されることも少ないでしょう。その結果、皮膚にシミも腫瘍もできにくく皮膚の老化や皮膚ガンの発生を防ぐことができるのです。


詳しい情報につきましてはガラスフィルム 施工のライフガードジャパンをご参照ください。

pagetop